2011年04月06日

電気

やっと福島の原発の流出水も止まったようですが!
昨日この原発で作業の時に汚染度を計量していた方がコメントされてました。
放射能汚染濃度が高すぎてなかなか近寄れないそうで、山登りにたとえると
まだ下で登る山を見上げている状態で登山にはいたっていないとの事!
福島の住人の方々は大変ですね。
ただ今回の災害、地震だけなら原発もここまでの被害事故にならなかったでしょうから
東電もある意味では被害者じゃないのかな?
誰も専門家の偉い人でも、あそこまでの津波を想定できていなかったのですから
電力を原子力に頼らざる日本の現状では仕方ないのかも?
これからは個人レベルでも電気に対しての考え方を考え直す必要があるでしょう。
僕のウチではもうすでにソーラーを利用した発電にしています。

ソーラー.JPG

日本でも少しでも原子力発電所が減らせるよう考えていかなくてはなりませんね。
やっと汚染水の流出が止まったけど、海外での風評被害も出ているようで、特にお寿司やさんが大変みたいですね。ここオーストラリアでは今どうなのかちょっと分かりませんが、寿司に使う海苔とかに対しても過剰に反応するんじゃないかな〜?
心配ですね。
posted by カンジ at 08:52| Comment(4) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そちらでは日本食屋さんは商売あがったりではないでしょうか?
こちら国内でも、野菜の買い控えが始まっているようです。

原発はIAEAから地震の前に警告がされていたにもかかわらず、何の手も打っていなかったというお粗末さ。原発マネーの甘い汁を吸った原発学者たちが耳触りのよい「安全神話」を啓もう活動したおかげでしょうか。
この期に及んでも「ただちに健康に害があるとは・・・」などと相も変わらずTVで語っています。

数年前にNHKで放映されたチェルノブイリの番組を見直してみると、恐ろしくなってしまいます。
http://www.youtube.com/watch?v=rCX1A3yJLqI&feature=player_embedded

本当に症状が出てくるのは5年10年たってから。
現場作業員をはじめ、自分たちも今後の健康が心配でなりません。
Posted by CK-chan at 2011年04月07日 09:18
なにしろ見えない感じないと言う恐ろしさが放射能汚染にはありますね。
僕もニュースに出てきて原発を語る大学教授の中には東電などから可なり研究費をもらっているんじゃないこの人と言う学者がいるよう感じました。あの原子力委員会ったなに???
みんなぐるでしょう!言い方悪いですが!
あんな物必要ないですよね。
もうレスキュー隊のヒーロー的な持ち上げ方にも報道の偏りを感じます。もう出ないと言ってたにも関わらずまた出馬する狸!あの狸にこび売っての報道なんて国民の税金の無駄使いです。
自衛隊の人達はいつも目立つことなく皆のために必死でやってくれているのに!
Posted by カンジ at 2011年04月07日 18:51
様々な利権がからんでいるにせよ、現場で動いてくださっている方々には、日本人に限らず本当に頭が下がります。

うんちく垂れてる原発組の皆さんも、ぜひご自身が現場に出向いて行動していただきたいものです。
Posted by K at 2011年04月07日 22:13
K atさん、はじめまして。
本当に被爆するのを覚悟して故郷を守るために事故現場で作業されている方たちには頭がさがります。
Posted by カンジ at 2011年04月08日 07:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。